加茂谷元気なまちづくり会概要

最終更新日:2016年11月10日

加茂谷元気なまちづくり会とは?

 

加茂谷元気なまちづくり会』は、平成24年12月18日、人口減少が続く中、加茂谷地区に元気を与え、活気あるまちづくりと若者の定住を図り、地区住民の郷土愛の向上となる施案を検討するために発足しました。

会長 山下和久

副会長 町田治幸、福岡一郎

事務局長 柳沢久美

事務局 森岡和美

会計 原幸喜

公民館長 片山純州

 


 

加茂谷元気なまちづくり会 会長挨拶

 

%e5%b1%b1%e4%b8%8b%e4%bc%9a%e9%95%b7

加茂谷元気なまちづくり会』は、少子高齢化で過疎が進む阿南市・加茂谷地区を少しでも元気にしようと結成された団体です。

優しく、個性豊かな約40名のメンバーで構成されています。

農業を始めとする産業面、遍路道などの文化面、そして最近、加茂谷で発見された新種のカタツムリ「アナンムシオイガイ」などの自然や観光資源、

さらに田舎暮らしを希望する方への空き家情報などを、このホームページで発信し過疎の進む加茂谷を元気にしたいと考えています。

このホームページを通じて皆様のご協力、ご支援、心からよろしくお願いします。

会長 山下和久


 

加茂谷元気なまちづくり会の取り組み事例

 

加茂谷元気なまちづくり会Facebookページ

平成26年3月より『加茂谷元気なまちづくり会Facebookページ』を立ち上げ、加茂谷に関する情報発信やメディア掲載情報についてほぼ毎日投稿しています。

インターン受入による都市部との交流

阿南市東京事務所と武蔵野大学のつながりの中で大学より市に依頼があり、阿南市より加茂谷地区に受入要請がありました。

加茂谷元気なまちづくり会が受入母体となり、毎年8月下旬〜9月上旬に約80名の大学生が各班4泊5日の日程で農業体験実習を行っています。


Bitnami