加茂谷体験ツアーが行われました。

 

こんばんは、ワタナベです。

 

昨日23日と本日、加茂谷体験ツアーが行われました!!

とは言っても、懇親会の会場である「碧」では、参加者の方々と亭主との深酒が始まっている頃かもしれません…。笑

体験ツアーの最後に行われる、この懇親会こそ、参加者が一番素が出せる機会ではないでしょうか?

程よくお酒も入り、そして我々加茂谷の人間が碧を後にし、残ったのは数名と参加者のみ。

僕自身がその場にはいないので、わからないのですが、おそらく加茂谷の良い所、人の良さ。

はたまた、環境の厳しさ、不便さなど語っているのではないでしょうか??

 

 

今回、体験ツアーに参加してくださった方々は、関東方面2名、関西方面1名、九州2名、県内1名でした。

すべての方々が何かしらの公共交通機関を使い、徳島に入って下さり、徳島市内から1時間ほどかけて

加茂谷に来てくれていることには感謝しかありませんね。

 

今回の参加者の方々は、まちづくり会のHPや活動を見てくださっていたり、移住や就農のフェアでの出会いによって参加を決めてくださった方ばかりで、まちづくり会にとっては、日頃の活動に対して興味を持っていただいたということで嬉しく思います。

 

 

今回の体験ツアーは、収穫、豆まき、マメトラの使い方、出荷方法など例年とよく似たプランではありますが

参加者にとっては、初めての作業が多く、農家の日頃の作業がリアルに体験できたと思います。

農家の作業は繰り返しが多いですが、気象条件によっては微調整から大幅な変更までを余儀なくされる大変な仕事であり、

柔軟な判断力と創意工夫、そして新しい品種へのチャレンジ精神が必要であることがわかりました。

 

 

農業で生きていくことの大変さもしっかりと説明することで、参加者の本気度を確認することもさりげなく行っています。

よく農業従事者が「手をかけた分だけ野菜は結果に表れるよ」と言うことがありますが、その通りだと思います。

とても説得力があると思います。

 

今回の体験ツアーでは、加茂谷をまんべんなく回ることができたと思います。

懇親会の中で話をしていると、この人の印象がよかったとか、この人の話のおかげで農業してみたくなったとか、嬉しい発言も飛び出していました。

僕もそうでしたが、加茂谷はやはり「人」だと思います。

 

「人」の良さがピカ1ということは、参加者にも伝わったと思います。

そして、このような体験ツアーを中山間地域のボランティア団体が行っている事の凄み。

行政主体ではなく、地域住民が主体となって創り出す、加茂谷ならではの催しが

今後も様々な人の目について、賛同してくれる仲間たちが増えれば、嬉しい限りですね。

 

今日は、みなさんもう寝ましょう。

 


Bitnami